グルテンフリーのローチョコ|オーガニックネクターズのローカカオバー

Reico

オーガニックネクターズ・ローチョコレート板チョコ

グルテン不使用

写真はNY発オーガニックネクターズ「ロー・カカオ・バー」の70%カカオ(左)とナッツミルク(右)です。

ローチョコレート
・100%ビーガン(動物性無し)&ロー(低温加工)素材
・オーガニック素材
・アレルゲンフリー(乳、卵、大豆、小麦グルテン不使用)
・白砂糖不使用(パームシュガー使用)
・フェアトレード(生産者とフェアな取引をしている)

こういった条件で出来上がっている
完璧なローチョコレートです。

(※現時点で私が知っている限りですが)

ローチョコレートとは?

オーガニックネクターズ・ローチョコレート板チョコ中身
そもそもの話なのですが
「ロー」は非加熱だったり低温で加工していることを指しているとのこと。

普通のチョコレートは口当たりとか生産効率が優先された製法も多く、カカオ本来の栄養素を壊してしまうこともあるのだそうです。
そしてやっぱり白砂糖を多用しているのでちょっと刺激が強いのかなと思います。

なので、自分で購入する時に(その選択肢があれば)チョコレートはローチョコを手に取ることも多くなりました。

(でも普通のチョコもやっぱり大好き←昔より食べる量は減りましたが)

ギフトにもお勧め

最近はローチョコレートの種類も増えてきましたし
海外だけではなく日本発のローチョコも増えてきましたよね。

味も本格的なチョコという感じで、美味しいものが多いですし
むしろそちらの方が盛り上がっているような。

生産方法もフェアだったりヘルシーだったり
パッケージデザインもお洒落で可愛いので、ちょっとしたギフトにもおすすめです。

ナッツミルク使用

写真右のナッツバーは、ナッツミルクを使用している物。

ローチョコでも乳製品入りのものは意外と多いので
乳製品の摂取量でバランスを取りたい場合は、こちらの物は重宝するのではないかと思います。

実際に乳不使用なのになめらかでクリーミーでした。

これからも色々探索して試していきたい所存です。

お知らせ

お問い合わせ等への返信は順次行っております。
今しばらくお待ちくださいませ。