REICO labo - クレアボヤント視点で人生をデザインする、遊ぶ

復縁&引き寄せのコツ「なぜだかそうなっている」

| Reico | タグ: ,

shonan_201507_F_glow

近況。

先日また海へ。

晴れ間もある曇り空。
涼しく、快適に過ごせました。

ゆくゆくは海の近くに居を構えたい。

あと引き寄せや復縁についてご質問いただきました。
(※ざっくりアンサーとかまとめアンサーは、1対1の質疑応答アンサーではなく、皆さまからのいくつかのご質問に対してのreicoなりの回答をざっくりまとめて行っていくコーナー的なものです。なので個別の質問部分は省いております。)

引き寄せに大事なのは、思い込み力!

それが叶う前にも、どれだけなりきれるか。

「叶ってないのにバカバカしい…空しい」と理性で邪魔しちゃうと、現実化するエネルギー値がスタート地点に戻ってしまいます。
どうぞバカになって、理性のお口チャックでなり切ってください。

で、理性をおとなしくさせるのに良いのが
「なぜだかそうなっている」というフレーズです。

「なせだかいつも愛される」
「なせだかいつもスタイル抜群」
「なせだかいつも仕事が上手くいく」
「なせだかいつもお金が入ってくる」

願いが達成するまでの道のりは「なぜだか」にして、具体的な方法やプロセスは宇宙にお任せしちゃうわけです。

そうしておくと理性も「なぜだか」に対しては何も言えなくなります。

変に理性的になって「あの人が○○してくれたからうまくいった」というフレーズにしてしまうと、「あの人」の動向を支配する気持ちになってきますし、思う通りに動いてくれなかったらうまくいかない、だとか、その人のことで頭がいっぱいになってしまいます。

それこそ理性が、
「あの人はこういう人だから何もしてくれるはずがない」「あの人は忙しいから…」「あの人は他のことで頭がいっぱいだし…」「私があの人に注目される訳がない」 「私はいつも理解されない…」とかとかとか…。

ええいっ!
理性よ静まれぃ!
ってな話です。

例えば、復縁に大事なのも
「どうして私たち会えなくなってしまったの?悲しい」ではなく
「私たちが一緒だと楽しいのは分かっている。ということで(相手抜きでも)今出来る楽しいことに専念しよう」です。

そうこうして相手のことも頭から消えた頃に連絡が来たりします。

要は、意識を向けたことが現実化しつづけるだけなので
悲しみとか
どうやったら相手と会えるだろうか?とか
復縁できるかな?とかに意識を向けていると、復縁できない状態を継続させます。

実際に復縁できていたら「どうやったら復縁できるだろうか?」と真剣に考えたりしないはずですよね。

よく引き寄せでイメージングが大事と言われているのは
その達成している地点の自分の感情やら感覚に対して、なのです。

どう達成するかのプロセスのイメージングではありません。
ここを誤解してプロセスに力をいれてしまうと、えらく長い道のりになったり、理性とケンカして現実化のエネルギーが崩壊してしまいます。

(※宇宙は万能で、あなたの心の線と世界の線のバランスをみて望み通りにしてくれる訳ですが、変に具体的なプロセスを指定すると本来達成するのには一日で出来ることが10年かかってしまうということになったりもします。とはいえ当人の心の状態が当人の描いたプロセスと一致していれば一日で達成もあります。要は自己を知っていればプロセスを具体的に指定しても良し。)

「それを達成している地点の自分」になり切ってください。

できれば相手を限定せずに
相手の幸せを願いつつ
(今日はたまたまパートナーと一緒にいないだけで)楽しいことを実行していると(このときも頭の中は相手のことではなく自分が楽しいことを考える)案外さくっと相手と復縁&恋人ができます。

とはいえ、なかなか心のコントロールは一晩で習得できるものではないので(出来る方もいるかもしれないので限定はしませんが)、復縁系でまずすると良いのが相手ごと手放すという手法です。

もう、一切合切手放して
全然別のことをして、自分を楽しませて過ごす。

そうすると「相手に会えない、上手くいかなくて悲しい」というエネルギーを生み出し続けることがなくなるので復縁のベースを作り、
楽しいことをしているのでさらに楽しいことを引き寄せ
しかも自分を楽しませているので自己愛も高まり、愛されるようになる。
復縁にぐっと近づく訳です。

(復縁は、その思いに執着や支配、愛に関する破滅的な思考パターンが根底にあるとまた暗礁に乗り上げるのでご注意を)

人生は豊かな遊びの場です。

心(あるいはエネルギー)を使いこなして
どれだけ楽しめるのか。

深刻にならないことです。

シリアスドラマを演じたい場合は別ですが
ドラマに入り込み過ぎて抜け出せなくならないよう注意が必要です。

ドラマを創りだしたのは自分だということも忘れて、自分を悲しませるほど深刻にはならないようにしましょう。

皆さまもどうぞ
本日も楽観的にお過ごしくださいね。

.