REICO labo - クレアボヤント視点で人生をデザインする、遊ぶ

成功している人のお金との関係/自分に多くの選択肢を与えている人達を真似てみよう!

| Reico | ,

ざっくりまとめアンサー参ります!
(※ざっくりアンサーとかまとめアンサーは、1対1の質疑応答アンサーではなく、皆さまからのいくつかのご質問に対してのreicoなりの回答をざっくりまとめて行っていくコーナー的なものです。なので個別の質問部分は省いております。)


欲しい物や豊かさお金について。

お金は豊かさそのものではありませんが
豊かさの一部としてのお金の扱い方、関係性を変えるとそのまま現実に変化が起こります。

じゃあ、実際お金に不自由していない人達は、どんな風にお金と付き合っているのか!?
リーディング(透視)で見た世界をシェアしますね。

・海外の著名な作家さんは
普段はお金をアシスタントのように扱い
カード支払の時には、後で宇宙が払ってくれると完全に信頼信していました。
レジでのクレジットカードの提示は身分証明的な感覚のみで、お金が減るという意識は皆無でした。
お金は天下の回りもの、欲しい物は手にして良いのだ、自分の財布から払うのではなく宇宙がそれをサポートしてくれる!という意識をもっていました。
(※誤解のないように…カードの限度額を超えた買い物をしているのではなく、欲しい物を自分が得ても良いのだという感覚を先にもっていた方でした)

・大活躍しているクリエイティブディレクターさんは
お金のことは一切視界に入れていませんでした。
仕事上でも「本気でこのプロジェクトの話をしましょう」と情熱的にクライアントと向き合い、お金(費用)のことは二の次でした。

・ある世界有数の実業家さんは
お金は出せるところが出せば良い、それが自分であっても他者であっても別の団体であっても構わない。
それによって出資者の言いなりになる必要も感じない。
何をするか、楽しめるかどうかが大事であり、その規模は地球を遥かに飛び越えていました。
朗らかに驚くくらい普通の感覚でスケールの大きなことを扱っていました。

・小さな経営体系のまま成功している技術者さんは
お金のことは見向きもしていませんでした。
お金のことよりも情熱や自分の意見(アイデア)を通すことに重きを置いていました。
この方の奥さんも同じでした。お金よりも自分の意見を通すことが重要だと考えていました(頑固という意味ではなくお金に左右されずやりたいことをやるという決意が固い)

これは一例ですが
重要なのは、この方々はお金持ちになる前にこの感覚になっていた、という点です。

まったく無視しているという訳ではないのですが、お金に振り回されていないのです。

買い物をする時も
仕事を進める上でも
金額で気持ちがぐらついたり、左右されない。

主軸は自分自身!

ここが同じ。

皆さまもお金を使う時に、自分がどんなことを感じているのか俯瞰して眺めてみてください。

そして、もし金額で意思決定を揺らがせている部分があると気付いたならば、少しづつ上記の方々の意識に寄せていくと面白いだろうと思います。

Reicoの公式SNS

      

友だち追加

ID検索:@dcg9155z

お知らせ【公式LINEの過去のミッションやメッセージを読む場合は、必ず特定キーワードの前に「@(アットマーク)」も入れてくださいね♡
例:@ミッションロミオ←アットマークからロミオまでが入力するキーワードになります。

時に真面目に、時にふざけたメッセージで、気がついたらハッピーマインドが身に付く!Reicoの公式LINEはこちら
ID検索:@dcg9155z