REICO labo - クレアボヤント視点で人生をデザインする、遊ぶ

自分にとっての普通を疑ってみる/両思いは当たり前なんだよ!

| Reico | ,

sora_20151118

今、考えていること。

今、起きていること。

それは本当に当たり前のことなのか。

時々、そんな風に
自分の中の想定/前提を洗い直してみるとすごく良いです。

これは、自分を疑えということではなく

本当に今の自分は
ニュートラルな場所に立っているのか?

を確認する作業です。

たとえば
片思いについてのご相談。
とても多いです。

でもね、恋愛成就の道のりで、片思いをするのは当たり前ではありません。

両思いが当たり前だと思ってください。

片思いというものが好きな場合もあるとは思います。
あえて、という場合もあると思います。

でも、それが苦しいのであれば是非!
ホントは「両思いが普通」なんだと知っていてほしいのです。

今日は
「両思いは当たり前」
という概念を念頭に、過ごしてみませんか。

何か発見があるかもしれませんよ。

で、OK Goの「The Writing’s On the Wall 」をおススメしてみます。

 

MV映像が目の錯覚を利用した面白いものになっています。

(※歌詞は関係不穏な恋人に「君の瞳が喜びで輝くのを見たいんだ」と思いを馳せている歌ですが、あくまで映像の方でおすすめ)

こんな風に
「片思いは当たり前」は、案外そうじゃないのかも?と思い直してみてください。

この映像のように
目の錯覚的に思い込んでいただけなのかも、と。

今日は自分の中にある
すべての前提をくつがえす日にしてみませんか。

「夢は全員叶う」
「転職先はすぐに見つかる」
「食べてもスタイル抜群」
「男性は一途」
「透視は単純」
「世界中の人に幸せは行き渡る」
「全員が奪い合いなしに豊かになれる」

「私は愛されている」

昨日の自分を超えるのは今日でも良い。

さぁ、“自分”を超えよう。

ひとこと

ざっくりまとめアンサーをお届けしました。
(※ざっくりアンサーとかまとめアンサーは、1対1の質疑応答アンサーではなく、皆さまからのいくつかのご質問に対してのreicoなりの回答をざっくりまとめて行っていくコーナー的なものです。なので個別の質問部分は省いております。)

P.S.
『あなたに降る言葉』Vol.4の抽選は本日 17:30にブログで発表いたします。
(じらしている訳ではなく)
しばしお待ちを!

.

コメントを残す(ご質問は専用フォームよりお願いします)





Comment