映画「ドクター・ストレンジ」面白い!時空間を自由にできるワクワク

Reico

公式予告「ドクター・ストレンジ」

映画「ドクター・ストレンジ」
休み中に鑑賞しました。

さまざまな医療知識に精通し、天才的な医術を持つ神経外科医だったが
事故によってその能力を失い、神秘的な魔術の世界へと足を踏み入れ、魔術師に転身する本作の主人公。

Wikipedia

子供向けだと思って我が子と一緒に見ましたけど、全然大人も楽しめました。

もちろん子供も目を輝かせて見ていました!

神秘の力で使いこなす魔術の様子がCGで可視化してあったり
マルチバースが表現されていたり

マルチバース:多元宇宙/並行宇宙/パラレルワールド

「感覚の先には何があるのか?」

その片鱗が描かれていてワクワクしました。

異次元の入り口

Photo by Jeremy Perkins on Unsplash

私も実際にワームホールを通ったり
時空を移動したり
異次元の入口を見たことがあるのですが

(私の場合はオレンジの火花のような枠ではなかった)

これから先はどんどんみんなが

「案外こういうことって身近なことなのね」
「誰もが持ってる力なのか」

ってなるんでしょうね。

本来の自分のすごさにワクワクが止まらないだろうと思います。

この世界や自分自身にワクワクできたら、それだけで幸せですよね。

いや本当にみんな記憶喪失になっているだけですからね。

実際は、誰もが何だってできる存在なので。

ティルダ・スウィントン

主人公ストレンジの師匠となる、エンシェントワン役のティルダ・スウィントンさんは、映画「コンスタンティン」での天使役も素敵でしたけど、こちらも相当かっこいいです。

それと
ストレンジを助ける意思を持った「赤いマント」が
映画インターステラーのロボット「ターズ」的でめちゃくちゃ好きでした。

本当はみんなすごい

こういうスゴイことって映画だけのように感じますけど

本当はこっちの方がリアルだよねと思っています。

そう
本当はワクワクするような世界だし
人生なんですよね。

ちょこっとだけ記憶喪失になって
そのワクワクするものの見方を忘れていたり
その目を閉じているだけで。

ワクワクこそが
「それはあなたにとっての真実だよ」っていうシグナルですからね。

何はともあれ次回作も見たい映画でした。

ドクター・ストレンジ