REICO labo - クレアボヤント視点で人生をデザインする、遊ぶ

「自分なら嘘つかないで断る」

| Reico | ,


 

先日、突然見知らぬセールスの電話がかかってきました。

なんか勝手に名前や電話番号知っているの気持ち悪いなぁと思ったのと

これに時間を取られたくなかったので

草々に「うちは〇〇(苗字)じゃないので分からないです〜」と言って、電話を切らせて頂きました。

すると

側で聞いていた我が子が一言。

「自分なら(名前が違うなんて)ウソつかないで、ことわるよ」 と。

…っは!

「別に良いじゃん。堂々としてれば。」

おっしゃる通り。

一本取られました。


確かに、私の弱さが嘘を言うことを正当化していたなぁと。

全然ありのままの自分で対話してなかった…(汗)

不用意なウソは必要ないのさ、とか伝えていたのに

我が子の方がずっとそれを信条にしていたっていうね。

我が子に諭されるの巻き。

…ありがたい。

これはありがたい。


前々から

子供の方がずっと意識が中立なので(余計な思い込みが薄い)

幼い内からちゃんと宇宙の法則を伝えていたら、逆に親が固定観念に縛られている時に救ってくれそうだなぁ♡

なんて淡い期待を抱いていたのですが

(ガンガン押し付けるのではなく日常の何気ない会話や態度から伝わってほしい)

そんな機会が、増えてきている今日この頃。

我が子が師匠モードの日。

悪くない。

うん、こういうの悪くないぞ♡
 
 

.

コメントを残す(ご質問は専用フォームよりお願いします)





Comment