【結婚編】祝福と覚悟|七夕遠クリ・アフターメッセージ(中編2/3)

Reico

庭の白鳥Photo by Wolfgang Hasselmann on Unsplash

前回の続き
今回の記事は遠隔クリスタルヒーリング『恋愛・パートナーシップ』『結婚・チームワーク』の七夕祭りで起きたことを書いています。そして【恋愛編】からの続編です。【恋愛編】から読んでいただけると状況が分かりやすいと思いますので是非。
【恋愛編】美しかった日|七夕祭り当日!遠隔クリスタルヒーリング(1)
【結婚編】祝福と覚悟|七夕遠クリ・アフターメッセージ(中編2/3)←今ここ
【銀河編】天の川銀河|七夕遠クリ・アフターメッセージ(後編3/3)←近日公開

祝福を許可する

インペリアルトパーズの世界で、あなたは完全なる祝福を味わいました。

身体中にめぐる何とも言えない幸福感。
目に映るもの全てが発光しています!

でもすぐに心配をはじめました。

「こんな幸せなはすぐに終わってしまう…
いつまでも続く訳がない。
私が調子に乗っていることを面白くないと思う人もいるはず(辺りをキョロキョロ見る)
怖い…
人を嫌な思いにさせるのは怖い…
幸せは怖い…。」

インペリアルトパーズはパワーを一層強くしました。
そのエネルギーに包み込まれ、あなたの中の不要な考えが一掃されました。

「あぁそうなのか
未来永劫この幸せな感覚は続くんだ。
続いて良いんだ!可能なことなんだ。」

そんな風に信じることが出来ました。

『あなただけが、あなたの敵になり得ます。
そして、時にそれが外の世界に投影されるのです。

どんな嫌なことも、どんな嫌な思いも、どんな嫌な人との出会いも
それを感じ取っているのならば、あなたの中に敵がいる証拠です。
あなたの歓喜を阻むのは、ただ一人あなただけです。
自分に悪意を抱くことに飽き飽きするまで、それは続くのです。』

インペリアズトパーズは更に言いました。

『ここにはあなたを嫌う者はいませんよ。
私たちの世界では皆、他者の不幸を望むような時間を自分に用意していません。
単純に、歓喜に満たされることでスケジュールは埋め尽くされているのです。

素敵なことが他者に起きたら、自分のことのように最大限に祝福をします。
何故ならそうすると更に幸せを感じるからです。

自分の幸せをみんなに祝ってもらって良い。
自分のことのようにみんなの幸せを祝いたい。
そのどちらもが心を満たすこと。
こういったことに許可をおろしているのが私たちの世界なのです。

私たちの世界には競争も、断罪もありません。
自身を含め幸せな人がいればいる程に、それが自分にも返ってくることを知っています。
全ての存在が祝福され、歓迎され、愛されている世界です。』

あなたはうっとりとして、インペリアルトパーズのエネルギーに心ゆくまで浸りました。

すると、どこからともなく祝いの鐘の音が聞こえてきました。
次の瞬間、自分と伴侶が微笑み合っている映像が見え始めました。
沢山の人に祝福されている光景でした。

あなたは感極まって泣き出しました。
自分の未来を宝物のように抱きしめました。
そして、涙を流したまま、何度も何度も笑顔になったのでした。

子供のように何も隠さずに、泣いて、笑って、クタクタになったあなたは、余計なことを考える力を無くしました。
そのおかげで只ひたすらに、この石の祝福を受け続けることが出来ました。

誰もが笑顔で語らい。
ありのままで大丈夫な世界。
楽しそうに我が世の春を満喫している。

この石の世界であなたはこんなことを実感しました。

「幸せになっても誰にも嫉妬されない世界もあるのだ!
なんて素敵なんだろう。

そもそも何故周囲を不幸な人と思っていたのだろう。
どこかで満たされていない人として見ていたのかもしれない。
だから…だから自分だけが幸せになったら
自分が少しでも幸せになったら
誰かが傷付いたり、嫉妬してきたり、距離を置かれるだろうと信じていたのだ。

みんながそれぞれの幸せを味わっているのだとすれば
私も安心して幸せになれる、その許可を自分に下ろせるのだ。

あぁ、みんなが幸せなら、本当に本当に安心できる。
とても嬉しい。」

あなたはこの感覚を忘れないよう
普段の生活に戻っても維持できるように
自分の中の幸せの定義を書き換えることを決めました。

あなたはいつだって魅力的

アクアマリンの海Photo by Zbysiu Rodak on Unsplash

アクアマリンの世界では、何もかもがリフレッシュされました。

「こんなに甘美な清涼感は味わったことがない!」
あなたは身も心も軽くなりました。
自分がとても魅力的であったことにも気づけるようになりました。

「一体何を悩んでいたのだろう?」

あなたは、凝り固まった思い込みや過去に何度も繰り返していたパターンと距離を置けるようになりました。
物の見方が一新されたのです。
経験したことは変わらなくても、自分の解釈が変われば、過去も現在も未来も、全く別のものになることを体感しました。

「辛い経験だったはずなのに、今は全く別の視点で見ることができる!
心の奥で自分を責めていると、どんなことも嫌な経験だと思い込んでしまうのかもしれない…。」

特に結婚に対する不安が、どんどん自分から離れていくのをあなたは感じました。

パートナーとの価値観の相違、喧嘩や誤解
いずれ来るかもしれない心変わり
結婚により生まれる親族との付き合いに対する苦手意識にも変化が訪れました。

「もしかしたら…こんな風に軽やかに、誰とでも新鮮な気持ちで向き合えるのかもしれない。
はじめから大変な思いをするものとばかり思い込んでいたのかもしれない…
なんて深刻に捉えていたのだろう!
私は、私の世界を築けば良かったんだ、そう、軽やかに。

みんなと仲良く出来る!
出来なくても、そんな自分を愛したって良いのだ。

そうだ、相手がどう思おうと、私がそのままの相手を受け入れると決めていれば何も怖くはないのだ。
相手の態度よりも、自分の態度を決めれば良かったのだ。
誠意を尽くすって決めていればそれだけで良かった。

そう、覚悟がなかっただけなのだ…

私は不安だった
一生愛してもらえるのかどうか不安だっただけなのだ。

でももう、出来るような気がする。
どんな人の中にも良いところを見つけて、その部分と話をするようにしてみよう!
私だってそうしてもらいたい。

嫌われないように…だなんて怖がったりしないぞ。

今の自分を愛していこう。
そして、愛してもらっても大丈夫なんだと伝えていこう!

もう諦めたりしない。」

これまで蓄積していた疲労感
人間関係での億劫な気持ち
結婚や親戚付き合い、人間関係に関するネガティブな思い込みが洗い流されました。

あなたは新しい自分として人と向き合い、関係を作ることにすっかり意欲的になりました。
自然とガッツポーズをとっていました。

神性が目覚める世界

翡翠との出会いは、あなたの中の神性を刺激しました。

背筋は凛とまっすぐになり
頭の中が整理されていきました。

「なんて美しい気分なんだろう」

あなたはすぐに翡翠の世界の虜になりました。

と同時に、これまでどれだけ自分が怯えていたのかにも気付きました。

「この世界にいる自分は、どうやら誰のことも怖がっていない。
いつ誰が訪ねてきても、逃げる必要を感じていない。

この世界は、この感覚は
一体何なのだろう
とても堂々としていられる。

どうしてこんなに崇高な気持ちになれるのか…
あぁ、この世界には
人を変えてしまうほどの敬意で溢れている!」

翡翠の世界では、どんなステータスも所有物もその人の価値を担保しません。
全員が平等に尊重されます。
持てる者も、持たざる者も。

どのような過去も、行いも
愛で見透され、善意で解釈されます。

酷い悪人と呼ばれている人であっても
この石の前では悪意を保てなくなり、跡形もなく崇高な人間に変貌してしまうのです。

それはこの石が『何ものも断罪する必要などない』ことを知っているからです。

「ここでは誰も罪人にはなれない。
過去を恥じる必要も感じない。

こんなに素晴らしい気持ちでいられるなんて。
これは他には例えようが無い。
今なら、この手を愛する人に差し伸べられるに違いない。
どんな反応になろうとも
私は自分の尊厳は失わないでいられるだろうし
相手に対しても愛をもって許容できるはずだ。

こんなに素晴らしい気分は…
本当に、本当に
なんて美しいのだろう。」

翡翠には誰も敵わないことをあなたは身をもって体験し、この石がこの星に存在することを心から感謝しました。

こんなにも素晴らしい愛を
そして敬愛しあえる関係は実現できる…してみたい。

あなたは、分かち合える伴侶を心の底から受け入れたいと切望しました。

絆を持つ覚悟

赤い薔薇Photo by Sam Operchuck on Unsplash

ガーネットの世界では『覚悟を持つと、より自由に動ける』ことを教わりました。

あなたは、彼らの世界にいると腹が据わるのを感じました。
周囲の物や事の配置が正確に分かるようになり「これまでなんて不明瞭な世界にいたのだろう」とその差に驚きました。

ガーネットは全ての物質や思いの構図を的確に把握します。
だからこそ、彼らは迷いなく目的のため(その殆どは愛のため、守るため)に動けるのです。

『あなたが迷っているのは知っています。
ですが、迷っているから(道に)迷うのです。
小さなことでも良いので、何か一つを決めてご覧なさい。
すると選択することが簡単になるから。

どんな選択も、自分が納得していれば怖くありません。
もうそれ(選んだ選択肢)しか見えていないからです。
それは喜びです。
選択することは、自分自身を生きている喜びなのです。

選択できない時、あなたは自分自身を生きていません。
ハートの声以外のことを気にしています。

目的に対して覚悟を持つと、判断が早くなります。
誘惑も退けられます。
自分が選んだ道を喜びをもって駆け抜けられるのです。

例え、どんな困難が降りかかろうとも
対処できないなどと疑う余地はありません。』

あなたの目の前には映像があらわれ
そこではいくつもの選択肢を迷わず選び抜き、ゴールに到達するガーネットの姿がありました。

愛のため
信念のため
約束のため
ガーネットはいかなる危険をもかえりみず飛び込んでいきます。
そして、そこには必ず人との絆がありました。

あなたはガーネットの生き様に大きな憧れを抱きました。

「覚悟、絆…。
私は本当に覚悟をもっていただろうか。
伴侶を求め、結婚を望んでいたつもりだったけれど
本当は何も決めたくなかったのかもしれない。

そう、それはきっと自分自身に対して覚悟を抱けていなかったからだ。

ガーネットがこんなに強く輝いているのは
自分自身に覚悟をもっているから。
自分が選んだ道を信じ、その時々の自分と手を取り合うと決めているからだ。

だから…
ありのままの自分で相手の目を真っ直ぐ見つめられるのだ。」

『愛されるために何かをする必要はありません。
あなたが迷いなく愛する時、あなたは最も愛に満たされるのです。』

あなたはガーネットのように自分を全力で受け止めることの大切さを
そして、誰かのために生きることの本当の意味を理解しました。

「小さな選択から始めよう。
毎日の些細な選択の一つ一つが
愛する人と育む絆へと続いていくのだろうから。」

この星にいる共に歩むことになる人を思うと
あなたの胸は熱くなりました。

そして銀河へ

ここから先は後編の【銀河編】でお楽しみください(近日公開予定)

あとがき
七夕祭りの当日の様子の中編は以上です。
前半の恋愛編、今回の結婚編どちらも分かりやすくなるよう時間をかけすぎてしまいましたが(分かりにくいところがあったらごめんなさい)少しでも楽しんでいただけましたら幸いです。

そして二つの記事で終わる予定でしたが、長くなってしまったので中編と後編に分けて、三部構成でお届けすることにしました。あともう少しです。引き続きどうぞよろしくお願いします。