世界中の「コインの裏側」光が差す!次元上昇で何が起きるか説明します

Reico

雲間からの光

面白いくらい動いている

最近は、自分の変化に対してもそうなのですが
世界の変化に夢中になっております。

地球全体のエネルギーが良い方に底上げされているのをひしひし、ひしひしと肌で感じています。

エネルギーが高まると
実際に世界では何が起こるのか。
それをこの目で目撃している感覚です。

コインの裏に光が差す

ブラジルのコイン硬貨Photo by Eduardo Soares on Unsplash

今地球で起きていることを簡単にコインで説明してみようと思います。

コインのに光が当たっていると
は影になりますよね。

コインの両面に絵が描かれていても、影になっている面は見え辛いので人々の目には届きません。
誰もが表側の絵だけを「実在するもの=真実」であると思います。

でもコインに注がれる光の量
あるいはコインが存在している場の光量が増えると
影側さえも以前より明るくなります。

表よりは目立たないとしても、裏側の絵も十分認識できるようになる。

必ずひっくり返る

コイン硬貨と世界情勢Photo by Ibrahim Rifath on Unsplash

光量が増え、裏側の絵に気付きはじめた人々が

「こっちの方が真実なのではないか?」
「表が光だと思っていたが裏が光だったのか?」
「表だけ見せて裏ではこんなことが起きていたのか?」

そんな風にどんどんコインをひっくり返していく。

は正義じゃなかったのか!とか
でこんなことが暗躍していたのか!とか

が悪で、が正義だとか
そのまま単純なことではなく、ねじれていますが
どちらにせよ世界は一面的じゃなかったことを、思っていたのとは違ったことを目の当たりにしていくと思います。

ひっくり返す人がどんどん増え
ひっくり返す人の姿も目立つようになり、その姿に気づいて後から来た人もコインを熱心に調べ始める。

そうやって裏側はさらに多くの人の目に触れるようになり
とうとう裏の絵は、表舞台に立つ。

は同じ面で並べられるようになる。
人々は物事にはがあったことを知ることになります。

コインの表も裏、そのどちらも知る権利を人々が取り戻す。

この動きが今、世界中で起きているのだと思います。

国単位でも
個人としても。

統合されていく過程

今、世界は統合に向かって加速していますが
その為にはの両方を認識する必要があります。

表だけでは不十分だからですよね。

これはどちら側の面がポジティブな要素であっても、ネガティブな要素であっても同じです。

統合にはその両方が必要だから。

「表裏一体」
どちらも不可欠で大切なものだからです。

泥が浮き上がってくる

統合が加速すると、これまで以上に悪いこと、おかしな事も目立つようになります。
世界はどうなってしまうのだろうと怖く感じることもあるかもしれません。

でも、パンドラの箱にしまっていただけで
それはずっと存在していた事だった。見ていなかっただけ。

泥が綺麗な水に変わるまで

水道の前のバケツPhoto by Khalil on Unsplash

例えばたっぷりの泥水が入ったバケツが目の前にあるとします。
泥は下の方に沈んでいて、一見すると水が入っているようにも見えます。

それでもバケツをキレイに使うため、洗う時にはたくさんの綺麗な水が必要です。

水を勢い良くバケツに注ぐと
沈んでいた泥は濁流のようにバケツの中をにごらせ、水を注げば注ぐほどに底に溜まっていた泥ばかりが溢れ出て来ます。

まるで永遠に泥水ばかり出てくるようにも思えるでしょう。

でも、必ずいつかは
泥はキレイな水と入れ替わります。

最後には泥は完全にバケツから出ていき、洗い流されるのです。

しっかり向き合う

今後、自分達の地球をどうしたいのか
どういう世界にしていきたいのかを決める為には
しっかりと裏側も見てあげる必要があります。

一つに統合していくためには片方だけでは進めません。
これは避けては通れない道です。

この星の住人である私達にその責任があります。

支配からの解放

抵抗する人にとっては辛い体験になるかもしれません。
勇気を出した末に、喜びを味わう人もいると思います。
また別の人にとっては、ただただ終始解放されて、素晴らしい体験になる人もいると思います。

どちらにせよ、これまでわずかな人が大勢を支配していた構図が崩れ去っていくでしょう。

支配とは、知らず知らずに受け入れていた世界の仕組みだけでなく
自分の内側にあった思考パターンもそうです。

あなたを無自覚に支配していた『当たり前』は、全く当たり前じゃなかったのだと、その支配から解放されるんです。

世界規模と個人規模

世界で起きている構図は、個人でも起きているはずです。

自分をダメな人間だと思い、自己表現を出来なかった人も解放されていきます。

罪悪感や自虐にさいなまれ、心の声を出せなかった人も報われていきます。

様々な理由で自信がなかった人が真の力を発揮していきます。

この宇宙では、必ずマクロとミクロは一致していきます。

世界に対してだけではなく
個人に対しても、輝くエネルギーのうねりが背中を押してくれます。

それにより自分の中のパンドラの箱を知り尽くす必要が出て来ますし
人によっては容赦ない追い風かもしれませんが、そこを乗り切ったら一気に上昇気流に乗れます。

日本人は特に『自虐史観から抜け出すこと=自己不信感を手放し誇りを取り戻す』はマクロとミクロで連動していると思います。

自虐史観を認識し、そこから解放されるだけでも、自分でいることに胸を張れるベースが生まれる。
誇りを持てるようになると自分でいる事に覚悟が持てるようになります。

すると「自分なんて」や「自分だけ損してる」という思考は格段に減っていきます。「足りなくなんてなかった、自分はずっと素晴らしい存在だったのだ」と奢り高ぶりではなく中立に思えたり、やるべき事から逃げずにいられるはずです。日本人の遺伝子を担当した意味を知り、リーダーシップをとって行けるはずなんですよね。
(※こういうマクロとミクロの課題は各国それぞれで違います)

次元上昇・アセンション

随分前からアセンション『次元上昇=4次元(3次元)から5次元へ上昇する事』が起きる/起きているといわれていますが

上昇とはどういうことなのか、具体的に何がどうなるのか?
その答えが次々起きているなと思います。

いよいよ「正直者が馬鹿をみる」時代が終わり
「正直者が報われる」
そんな時代に本格的に突入したんだなと思うことが沢山起きている。

次元上昇するとみんなが超能力を使えるようになる
とか、そういうことより何よりも
この世界がどういう思惑や仕組みで成り立っているのかをほぼ全員で知ることが先決なんだろうと思います。

それこそが表裏一体で成り立っているのがこの世界だったから。
もう隠し通せないのでしょうね。

隠し通したい人達もまだまだ沢山いますし
足掻いて足掻いて、さらに隠そうと力を入れてしまう人もいるでしょうが
でも実際のところその人達にとっても
表と裏の両方に光が当たるのは良いことなのですよね。

ありのままの自分を受け入れ愛せるから。

もう、頭で自分や世界をコントロールしようとしなくて済みますし
リラックスして人生を楽しめるようになるのですから。

曇りなき眼(まなこ)で

何が本当で何が嘘なのか。

あなたに今起きていることの真偽を確かめる為には
自分のハートの声を聞くのが一番正確で早いです。

あなたのハートが、真実の情報に連れて行ってくれます。

マクロとミクロの両方をクリアにするために
やはり今出来ることは

自分と向き合い続けること。

これが肝だと思うところです。

引き続き皆様も、自己探究の素晴らしき旅を。