トランプ劇場これまでとこれから簡単説明|アメリカ共和国|金本位制

Reico

ジョー、お前は私が勝ったことを知っているんだろ

年末の様子シェア2回目の前に、しつこくトランプさん情報投下させてください!
この情報も、ニューイヤーズ・イブ遠隔ヒーリング2020-21の様子シェア2回目記事以降の下地としてあった方がより具体的に入ってくると思うので。

アメリカ(世界)で何が起きているのか、そしてそれが、私たちがいる日本や世界にどう関係が出てくるのかをザックリと書いてみますね。

昨夜入った情報ですが、トランプさんチームのシドニーパウエル弁護士が動きを見せました。
新しく「共和国復活」という団体設立を発表したのです。

Sidney-Katherine-Powell

Sidney Katherine Powellさん

パウエル弁護士は、リンウッド弁護士と共に、ずっとトラさん側で尽力されていた方です。

この団体名に「共和国」と入れているのがミソで
これからアメリカで起きるであろう事を予感させています。

ロスチャイルド家に権力を与えていたDSのラスボス=ファルネーゼ家、オルシーニ家、その背後にいた勢力もすでに倒している(現在は残党退治をしている)ので、ここまで来たらもう、トラさんの勝ち確だと思いますので、ザックリと、これまでとこれからを記しておこうと思います。
カバールも背後にいた生命体のことも「DS」に含めます。

これまでのアメリカ

アメリカ国旗Photo by Joshua Hoehne on Unsplash

実はアメリカは長い間、「株式会社アメリカ」として機能していたそうです。

南北戦争後、資金難を理由に国を外国勢力に売却する形をとり
ワシントンDCは外国勢力の支配下になっていた。

この事はアメリカ国民にも世界にも知らされていませんでした。

ワシントンDCは、「バチカン」「シティ・オブ・ロンドン」「DC」によるコロンビア特別区である

その外国勢力がDSです。

彼らは富だけでなく、メディア、宗教、文化、軍事、教育、政治、食糧、経済など、あらゆる事をコントロールしてきました。

DSは人間の姿をしていても、中身は全く違う思想を持った存在なので、性善説はなかなか通用しません。
人々を対等には見ておらず、労働させて搾取し、「人類は素晴らしい存在」であると気付かれないよう画策してきました。

みんなが幸せになれるシステム、テクノロジーが開発されても潰してきました。
この支配は日本を含め全世界に及んでいます。

JFKの暗殺

当時、ジョン・F・ケネディ氏は大統領になり
この詐欺金融システムにより支配されている事実を人々に公表しようとしました。
正そうとしていた。

その矢先、DSに口封じをされてしまった。

ジョンジョン(ケネディJr.)は生きているの?

もう隠さなくなった彼ら

DSは長い時間をかけて私達を洗脳して来ました。
そして時は満ちたと言わんばかりに

コロナ
 ↓
自宅待機
 ↓
郵便投票で不正選挙
 ↓
バイデン大統領誕生
 ↓
DS側のワクチンで管理社会へ
経済を破綻させ政府に依存させる
 ↓
人口削減アジェンダ(行動計画)

と進めていた。

このような話は、荒唐無稽な陰謀論、オカルト、ヤバめの宗教カルトとしか思えないでしょうが、DSはこういう事を大昔から画策してきているのです。

オバマ元大統領についても調べてみて下さい。まともな記事には彼がどのような存在で、何をしてきたのかの事実が書かれています。戦争を一度も起こさなかったトランプ大統領とは大違いなのが分かると思います。(オバマ時代の副大統領がバイデン氏です)

以前も書きましたが、「陰謀論」という言葉は、元々はJFケネディ暗殺以降にCIAが広めたと言われています。
それ以降も真実を語る人の方が「残念な人」と思われるように。上手に真実を隠す為に使用されて来ました。

もちろん突っ込みどころ満載のまさに陰謀論的情報もネットにはあるので精査はしないといけませんよね。

平和側も一気に攻め込む

もちろん平和側も黙ってはいません。
どんどん活動を活発させていきました。
トランプ大統領は平和側の表向きのリーダーです。

大統領に就任してから、DSが統治している世界を、本来あるべき姿に戻すよう尽力してきました。

数々の妨害やイメージダウン、嘘の報道にも負けずに突き進みました。
暗殺未遂も何回もあったそうです。

でもアメリカ軍(多国籍軍)も、宇宙軍も、宇宙連合も、量子コンピューターも、トランプチームです。

水面下ではずっとDSと戦い、次々と倒していました。
DSが誘拐してきた世界中の子供達の救出もどんどん進んでいるようです。

悲しいですが、DS達は普通の人間とは思想が違いますので子供達や人の命を大切にはしません。

現在、各国の首脳陣が退陣したり
各種機関のエリートや要人達が辞職&逮捕されたり、不幸にあったりしていますね。

この短期間、各国で停電が起きています。その停電の時に逮捕や子供救出、地下に隠していた資産の差し押さえなどを行っているそうです。

どれだけの要人がDS側だったのかを証明している。
ブルータス、お前もか!状態です。

表向き本当の理由は報じられませんが、いずれ明かされるのではないかと思います。

あるいは、泳がせたいDSがいるからかもしれません。

覚醒を促す

あえてバイデン氏を大統領(仮)に就任させて
嘘をつき続けていた事を全世界の人にしっかり見せる。

そうやって私達の目を覚まさせる必要があった。

「全てがDSの嘘でした。彼らはこうやって人々を欺いていましたよ。」
と理解させるために。

なのでメディア的にはバイデン大統領ですが事実は違う。

茶番劇がアメリカで上映中

トランプ大統領がバイデン氏へ残した手紙

トランプ大統領がジョー・バイデン氏へ残した手紙としてリンウッド弁護士のテレグラムに掲載されていた画像に翻訳付け

2020年11月に(株)アメリカは破産確定していました。

時を同じくして、2020年11月2日にアメリカ共和国の復元にサインされていた。

トランプさんは在任中に(株)アメリカの破産を知っていたということです。

サイキックリーディングをして、トランプチームの戦略の方が余裕があるぞ、これは勝ち筋が見えているエネルギーだぞ、この戦いの流れを掴んでいるのはトランプチームで、就任式さえも計画の一部だ、ということは理解していましたけど、ここまで掘り下げて見ていませんでした。
トランプ大統領の大局観「この盤に愛を捧げる」サイキックリーディング

今回の大統領選の選挙投票日は11/3でしたよね…

つまり!
不正選挙だー!と叫んでいた頃は元より
不正選挙が計画されていることも全て知っていた。

当然1/6の選挙人投票の時も
1/20の就任式も、本当に「どうぞ」という気持ちだった!

全部トランプ劇場でした、という訳ですよね。

最大のイベント進行中

make-america-great-againPhoto by Aubrey Hicks on Unsplash

正式にアメリカ共和国の大統領が決まるのが3月4日か、その前後と伝えられています。

アメリカ共和国が出来たら、その大統領は誰になるでしょうか?

皆さんもきっとすぐに思い付きますよね。

とうとうこの星が、光側が統治する世界になる

DS退治はアメリカだけじゃなく
世界各国で行っているので、当然日本もきれいになる。

その為の最大のイベントが現在進行中ということになりますね。

リンウッド弁護士はこんな言葉も発信していました。

「最高のものはまだ来ていません」と。

…ワクワクが止まりません。

ちなみに日本も株式会社になっているみたいです

洗脳を解くための手段

生まれた時から私達はDSの洗脳を受けているので
「バイデン大統領になってアメリカはまともになる!」と信じている善良な人達が今も沢山います。

そういう人達にいきなり真実を突きつけても
むしろトラさん達の方を疑ってしまいそうですよね。

「陰謀論を使って民衆を騙そうとしている!」って暴動が起こされちゃうかもしれない。

それを利用してDS側がまた911のような事を起こしてしまうかもしれない。

だからトラさん達は憲法にのっとり
一人でも多くの人が傷つかないように
平和的に事を進めているのだと思います。

暴動はいつもDSや民主党がアンティファやBLMなどにお金を支払って起きているものです。トラさん支持者はそもそも温厚な保守派の人達なので暴れません。アンティファは当たり屋方式を使って、自分で暴れておいて、暴れたのはあっちだーと騒ぎます。そしてメディアがそれに協力して嘘を報道します。

最後のチャンス

就任式以前から残党を泳がせていたのは、私達に見せるためだった。
その側面もあるかもしれません。

ほらね、アメリカの要人はこんな風に平気で嘘をつくんだよ。

憲法を踏みにじっているよ。

司法でさえも「ブルータス、お前もか」だったと知らせるために。

個人的には、映画「T2/ターミネーター2」が好きだったので、主演のシュワちゃんが議事堂で暴動が起きた時に反トランプ的な声明動画を出したのはショックでした。

DS側なの? ただ民主党だから? メディアに洗脳されているから? DSに脅されたの? トラさん劇場の一員? どっち?どっち?と。 ←これを言ってたら主人に「透視して見ればいいじゃん」と言われました。が、「知りたくない真実もある」と目を伏せてしまう典型例を私がやっちゃってるって話です。今はまだシュワちゃんは何も知らないで、洗脳されている普通の人だと思っていたい…。

プラグを抜こう

マトリックス風画像Photo by Markus Spiske on Unsplash

映画マトリックスがこの世界を表している、というのには2つの意味があります。

私達はなんでも引き寄せられる力を持っているし
肉体も仮の姿であり、この人生も仮想空間みたいなものだという意味。

そしてもう一つが

DSを頂点とした
悪さしている存在が統治してる世界に私達は生きていた、という意味。

プラグを後頭部につけられて
嘘の夢を見せられて
ずっとエネルギーを奪われ
本当の自分を知る事を邪魔されていた。

富も、幸福も、真実を見る目もです。

この星は2重の意味で仮想世界だった訳です。

宇宙の真理を忘れていたという意味と
現実的に洗脳をされていたという意味。

思考停止になってた

私達は生まれた時からもっともっと大切にされて良かった。

それぞれが自由にやりたいことを何の心配もせず出来る存在だった。

考えてみたらおかしいですよね。

2021年、この世はなかなかに進化してると思います。

頭の良い人も沢山います。

世界中の人がちゃんと富を享受できる世界を
構築できないなんておかしいんです。

そんなに難しい仕組みじゃないはずなのに。(いや私は作れないけれど)

いつの間にか、社会はこんなもんだって思わされていた。

世界は高度に進化していた

世界中の政治家は本当にここまで呑気なのでしょうか?
健康を維持することはそんなに難しいことなのでしょうか?
この程度が私達人類の限界なのでしょうか?

本当は、みんなが生まれた時から好きな事を好きなだけ追求できるとしたら?
その為に自由な時間も、健全な生活も健康も保証されるとしたら?

所得税や各種税金も、そこまでなくても世界は回るとしたら?

そんなルールやシステムはとうの昔に実現できていたとしたら?

でも、それを全部妨害されていただけだとしたら?

ネサラ・ゲサラ

NESARA(ネサラ)、GESARA(ゲサラ)という言葉は聞いたことはありますか?

NESARA:National Economic Security and Recovery Act
国家経済安全保障改革法

 
GESARA:Global Economic Security and Recovery Act
地球経済安全保障改革法

NESARAはアメリカのもので、GESARAは世界の事です。
日本はJESARA(ジェサラ)というワードになるかもしれませんね。

この法案に各国がサインしていると聞いています。
あとはいつ発動するかだけの段階。

今までは嘘だらけで搾取されていましたが
DS統治が終われば、お金の動きも健全にしていくことが出来ます。
GESARAの主要なものをピックアップして説明すると

・所得税の廃止
・違法な銀行や政府によるクレジットカード、抵当、銀行債務を帳消し
・悪い人達が違法にため込んだ天文学的な額の資産を国民へ還元
・人道目的でプールされている大量資産の放出
・健全な新しい通過/金融システムへの移行=金本位制
・金、銀、プラチナ貴金属を土台にした米国虹色通貨の創設=レインボー通貨
・軍事活動を平和なものにする
・世界の平和を確立する
・核兵器にバイバイ
・これまで隠していためっちゃ高度なテクノロジーの解放
=フリーエネルギー機器、反重力技術、音波治療機器=メドベッド等

富の還元は一人当たり500万ドルとも1000万ドル以上とも言われています。

メドベッドは、そこに横になるだけで心身を癒してくれるヒーリングテクノロジーです。失った腕も横になっていると復元するとか若返りとか。

トランプ大統領もコロナに感染した時に使われたのではないかと思われる発言をしていました。
DSに誘拐されて心身ともにトラウマを抱えた子供達にも使われているとの話もあります。

宇宙同盟とアセンション

これらのネサラ/ゲサラは高次元の地球外知的生命体、ポジティブな宇宙人が関わっているそうです。

こういう展開を待っていた人も多いんじゃないでしょうか。

無自覚に次元上昇=アセンションしている人は
法案が発動される前に
DS統治の奴隷システムからは解放されているかもしれません。

自由な時間をもち、好きなことで生きていく事を実現しているとかね。

(お金持ちかどうかではなく、お金に困っていないレベルで楽しんでいるかどうか、とか。でもこれも競争ではないので、人それぞれのタイミングやアセンションの形は違うと思います。)

アセンションしている人
トランプ劇場を受け入れられる人
悪が統治していた真実を受け入れられる人

こういった人が増えれば、ネサラ/ゲサラがいつでも発動できる。

テレパシーが出来ることの証明が携帯電話(スマホ)のように

フリーエネルギーなど高度なテクノロジーを想像出来るのだから
実現していたって不思議ではないですよね。

あとは私達の意識待ち。

常識を超えられる人から

この大統領選および、こういった新しいシステムを知らされても
再び思考停止になってしまう人もいるかもしれません。

現実社会では「バイデン大統領」として物事が進んでいますし
なかなか洗脳は解けないかもしれません。

自分の理解の範疇を超えたものに蓋をしてしまうこともあると思います。

でも、陰謀論とか、眉唾物だとする前に楽しんでしまいましょう!

その常識は洗脳された限界でしかない。
本当のあなたの上限じゃない。

もし拒否反応を感じたならば

「なぜ自分は拒否反応を示したのだろうか?」

と自分と向き合ってみる。

それってホント?

それって絶対?

なんで、なんで、なんで?

 

自分と向き合い続ける

兎にも角にも
常識をどれだけ超えられるかが試されている時期だと思うのです。

本来あるべき世界ルールを迎えるために
宇宙にいる仲間と手を繋ぐために。

自分の直感とどれだけ向き合えるか。

自分の内側全てを知る覚悟があるのかどうか。

この世界の事を全て見る覚悟があるのかどうか。

覚悟がある人達がどんどん点と点をつないで
それまでの常識を超えていく。

覚醒です。

シュワちゃんの真実を視る勇気もないお前さんが言うなって話ですよね…いやはや、いやはや。←あくまで映画のファンです(逆に失礼)

貴方の希望が世界を変える

世界各国の国旗

もちろん未来は枝葉に分かれていて、その時が来るまでは未定です。
私たちがどれだけ希望を維持出来るかにかかっている。

この前ブログで紹介した映画トゥモローランド的な感じなんです。

諦めない人だけが貰えるピンバッジの正体|トゥモローランド観た?

希望を維持できる人
真実を拒絶せず受け入れられる人が多ければ多いほど
平和側のエネルギーフィールドを守れる。

そして、新しい平和世界ルールに移行するスピードも早まり、流れもスムーズになる。

ってね。

年末の様子シェア記事2回目は明日アップします!
以下に共和国復活団体のスローガンを下の方に転載しておきますね。
このスローガンは読んでも読まなくても大丈夫ですが、めちゃくちゃソフトに3次元的に起きていた事がサクッと書かれています。

共和国復活団体

「本日、私たちは、憲法上の権利、言論の自由、自由で公正な選挙の神聖な権利のために精力的に戦う候補者を支援することに専念する、Restore the RepublicPACの設立を発表できることを誇りに思います」とRestoretheRepublicは述べています。

PAC創設者のシドニーパウエル。

「PACは、真実と法の支配のために戦う候補者を昇進させます。私たちは、党に関係なく、自分の短期的ま​​たは政治的利益のために憲法を破棄する候補者に激しく反対します。8000万人が合法的な投票によって選出されなかった大統領の就任によって権利を剥奪された。民主党員は彼らの基地を放棄し、共和党員は彼らの基地を裏切った。

アメリカの人々は、真実、法の支配の回復、そして公平な説明責任に飢えています。アメリカ人は政府の腐敗と彼らを軽蔑と軽蔑で見ているエリート政治階級にうんざりしている。

アメリカの人々は、政党の自己利益ハイテク巨人の支配、そして偽のニュースの嘘を暴露し、拒絶する声に値する。

私たちは、正直誠実、そして私たち国民による政府への復帰の声になります。

www.RestoreTheRepublicPAC.comで私のMikeLindellとJoeFlynnを共同設立したこの新しい取り組みに参加してください。」

英語ページ https://restoretherepublicpac.com/
翻訳ページ https://translate.google.com/translate?sl=en&tl=ja&u=www.RestoreTheRepublicPAC.com

REICOの公式LINE

時に真面目に、時にふざけたメッセージで、気がついたらハッピーマインドが身に付く!Reicoの公式LINEはこちらID検索:@dcg9155z