特別じゃなきゃいけないんですか?進撃の巨人・母カルラのメッセージ

Reico
この記事は進撃の巨人ネタバレを含みますのでご注意ください。

進撃の巨人・エレンの母カルラの名言

感謝いたします

昨日の勉強会、お集まりくださった皆様に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました!

皆様がいて下さったからこそ
話す場所が生まれています。

本当に、贈り物のような一日だったなと思います。

あと素敵なコメントも頂きました。感謝しかないです♡

本編映像で

さてさて昨日お話しした「進撃の巨人」の名言シーンを改めてここでもシェアさせてください。

はじめしゃちょーさんが『アニメ「進撃の巨人」製作委員会』の公式リアクターとして映像を公開しているので、そちらを掲載しておきますね。

本当の特別とは

上の動画でカルラが言う「特別じゃなくて良い。だってすでに特別だから」は、全世界の子供が親に言って欲しい言葉ですよね。

カルラに言われてハッとしていたキース・シャーディス教官は
自分のことを特別だと思えていないからこそ
人より優秀で、特別だと思われようと頑張っていた人です。

だからこそ響くシーンでもあって。

元々特別なのだから
自分を無条件に愛していいし

他の人も特別な人だから大切にする。

それぞれが違う色の特別さを持って、この世界に生まれてきている。

だから尊重しあって、思うように生きていていい。

三位一体

進撃の巨人をまだご覧になられていない方は是非、新年一月から最終シーズンが始まりますので、年末年始に過去シーズン一気見をお勧めしたいところ。

メインキャストの3人を
頭脳(精神)=アルミン
魂=エレン
身体=ミカサ

のまるで三位一体的な立ち位置で見てみるのも面白いと思います。

進撃の巨人は場当たり的に巨人が登場して観客を驚かせるような物語ではなく
伝説級に構成がしっかりしていて
伏線回収も神レベルで
そして胸熱になれる物語です。

特別じゃなきゃいけないんですか?

私はそうは思いませんよ

少なくとも この子は
偉大になんてならなくてもいい

人より優れていなくたって…

だって…見て下さいよ

こんなにかわいい

だから
この子はもう偉いんです

この世界に
生まれてきてくれたんだから
 

ー「進撃の巨人」傍観者/カルラのセリフー