根拠も理由もむしろ要らない。根拠なき自信こそ至高!独自の領域展開を!

Reico

領域展開

自分を好きになる為に何かしらの根拠を持とうとしている内は

同時に弱さも取り込むって事なんじゃないかと思います。

何故なら、その根拠を失ったら自分を好きになれなくなるかもしれないから。

だから
根拠なく
理由なく
自分を信じられたら最強に違いないのです。

はっはっは

結局のところ
極端に言えば

誰もが何にも恐れず
不安なんて何処吹く風で

「はっはっは!(仁王立ち)」な気分でいたい訳で

愛する人たちと語り合い
美しい景色に見惚れ
好きなことを好きなだけ好きなように追求していけたら幸せで。

手段が目的にすり替わる

ならば今この瞬間から「はっはっは!」スタンスでいてしまえば良いのですけど

そうなるだけの根拠が必要なんじゃないかって、みんな思い込んでしまう。

ここがネックなのかなと思います。

「はっはっは」となれる安心感の素となる理由を求めてしまう。

「はっはっは」とするには、それだけの資格が自分には必要だと思ってしまうから
人より秀でていないと、とか
一通りなんでも出来ていないと、とか

逆に人と同じでないと、とか

あいつ何も出来ないくせに「はっはっは」ってやってるぞ、と後ろ指さされないように生きないと、とか

今のままの自分じゃない「別の自分」にならないと胸張って生きる資格がないような気がして

いつの間にか「別の自分になること=理由」を手にする事が目標になってしまい

手段が目的になってしまっている。

手段にこだわって人生のコマが一個も進まないなんて事態も引き起こしていく。

目的を思い出そう

本当の目的は、ただ安心したかっただけ、なはずなんです。

安心して好きなように生きていたかっただけ。

でも、そうなるには理由や根拠が必要だと思わされてしまった。

生まれただけでは持っていないと思わされてしまった。

それを受け入れてしまった。

でも違いますよね。

本当は最初から持っていたんです。

何も足さなくても「はっはっは」ってしていい存在だったんです。

堂々と胸張って生きてて良かったんです。

親がどう言おうとも
世間がどう言おうとも

『何かを成し遂げていないと胸を張っちゃいけない』なんていうヘンテコな思想は受け入れなくていい。

そんな縛りは破棄していい。

そんな領域展開(りょういきてんかい)は「シン・陰流 簡易領域(しんかげりゅう かんいりょういき)」でガードしてしまえばいい。

考え方を根本からひっくり返して、コマを進めてしまおう。

領域展開とか、呪術廻戦にハマっているので書きたかっただけです。わかる人だけわかってもらえれば御の字。領域展開については下記で説明入れてます。
ちなみに今リアタイしているアニメ&漫画は鬼滅の刃、王様ランキング、進撃の巨人、呪術廻戦です。

失うリスク

理由を求めて
根拠を手に入れようとする旅をしてしまうと

根拠を手に入れられたとしても
それを失う恐怖が伴ってしまいます。

「根拠」を失ったら誰も相手にしてくれなくなる、と。

あらゆる場面で「根拠頼み」になってしまう。

それは別に悪い事ではないのですが
根拠を失わないようにする労力が増えますよね。
神経もすり減ります。

人生の貴重な時間を何に使いたいのかで考えたら
失わないように神経をすり減らすよりも
次はどんな経験ができるかな?とワクワクしていたい人の方が多そうな気がします。

そもそも
ありのままの自分でいるだけで「はっはっは」としてて良い訳で

人生は「はっはっは」な自分が色々な経験をしていくだけで良いんですよね。

色々な経験をするための資格として「はっはっは」して良い根拠を求めるのが人生じゃない。

胸張って生きられる自分になるのが人生の目的じゃなくて

既にそうなっている自分が、何をするのか。

それこそが人生であると。

資格なんて最初から持ってたんだよと。

人生はあなたのモノ

小学生の頃は人生は長く、時に永遠に続くように感じられますけど

大人になると
人生はちゃんと終わる、時間を刻んでいるんだなと実感していきますよね。

本当に貴重な時間だなと。

引用で説明します

『呪術廻戦』に登場する「領域展開(りょういきてんかい」とは「術式を付与した生得領域(しょうとくりょういき)を呪力で周囲に構築する技」です。

相手と自分がいる場所を、自分の世界にしてしまうと考えればわかりやすいでしょう。

via:「領域展開」とは?使用キャラ一覧とあわせて『呪術廻戦』最強の奥義を徹底解説! | ciatr[シアター]

生得領域は「心の中のこと」
領域展開のデザインは発動する人物によって様々ですよね。理由は、心の中が人それぞれ違うからです。

ポジティブな性格な人であれば心の中の世界は明るいですし、ネガティブな人の心の中は暗いでしょう。違う人同士が、全く同じ心・考えを持つことはありません。

人それぞれ心の中は違うので、領域展開のデザインもそれぞれの心に合わせて変わるのです。

つまり領域展開とは「呪力を流し込んで、心の中を具現化すること」と言い換えられます。

via:【呪術廻戦】領域展開とは?使用者一覧|効果と強さ・生得領域との違い – 漫画考察エンタメ人生

要は、当人の世界観がそのまま当人と呼び込んだ人の周りで現実となって、強制的に世界観が持つルールが適用される、みたいなものが領域展開です。
漫画(アニメ)ではほぼ戦いに使用するのですが、ここでは戦いに使うのではなく領域展開=独自の世界観を展開しちゃえば気分が良いよとお伝えしたい。

気の乗らない他者の世界観に飲まれるだけじゃなくね、と。

だから誰かのせいで良い気分でいられなかったり
社会のせいでプンスカしている時間なんてなくて。

自分で自分のご機嫌をとって
他者の領域展開に飲まれずに
自分の領域展開の中で楽しんで

気の合う人は自分の領域展開に招待したり

相手の領域展開を楽しんだり

プラスの経験で時間を使っていけると毎日楽しいのかなと思います。

ひとりごと
年末年始のご挨拶をLINEreicoへメッセージの方に頂きましてありがとうございました!

ワタクシはおみくじで大吉をひきまして、ほくほくな年明けを過ごさせて頂きました。
これもひとえに皆様のおかげだと思っております。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

本日もしっかり遠隔クリスタルヒーリング行いますので、ご参加の方々はどうぞよろしくお願い申し上げます!

良い1日を♡