「遥かなるレムリアよりやってきたメッセージ」ご感想0362

ニューイヤーズ・イブ遠隔ヒーリング2017-18
評判 あきこ様 東京 女性


毎年お世話になっていて、年末の楽しみ&締めくくりになっているこのヒーリング、何だか今年はとてもリラックスして受けることができました。

ニューイヤーイヴ遠隔の後よく夢をみるのですが、
今回とても不思議な初夢を見ました。

神社が出てきたのですが、現代ではなくもっとかなり古い時代でした。

山の中腹なのか、木立に囲まれた素朴な古い祠、古びた木の鳥居には「宇佐神社」とあり、(大分の宇佐神宮じゃなくて宇佐神社?本当にあるの?)と半信半疑で調べたらなんと近郊に二社もありました!

そのうちの一社に感じるものがあり、
行き方を調べていたらなんと私がいつも読んでいるblog主さんのHPにたどり着き
そこは私の大好きな「古墳」があると知って大興奮、夢は何かの象徴?きっと、絶対に何かある!と早速初詣に行きました。

神社は尾山台にある「尾山台八幡神社」別名「尾山台宇佐神社」といいます。

尾山台宇佐神社 / 東京都世田谷区

時間がなく夕刻前に着いたのですが、こういう言い方が適切かどうかわからないのですが、鳥居をくぐり足を踏み入れてすぐに神社(の神様=エネルギー的存在?)が自分を待っていてくれたように感じました。

神社は夢と様子が異なっていましたが、確かにここだと思いました(後で気づきましたが、夢で見たのは古墳が存在する、不思議な裏山の光景のようです)。

神社は世田谷区の住宅街の中にあるのに、どっしりと揺るぎなく深い太古のエネルギーに満ち溢れていて、時空を超えて遥か昔から自分はこの感覚をよく知っている、そしてこの感覚は自分が一番欲しかったものなのだ、という思いが胸の奥底から泉のように湧き出てきました。

本当にとても心地よく永遠に続く大いなる存在の懐に抱かれているような、深い安らぎを感じて離れがたく、長いこと境内にいました。

その後でメッセージをいただき、さらに驚愕、、
昨年秋~末にかけて子どもの頃読んで激しい衝撃を受けた古い漫画が突如読みたくなりネットで調べていました。

漫画の名は「はるかなるレムリアより」(高階良子作)

そして、私自身に下さったメッセージに、すごーい!
reicoさんはやっぱり視えちゃうのか…
実はこの数年忙しいあまり家で音楽というものを全く聴いていなかったのです。

私は音楽が好き、もっと言えば音の力を借りて辛いことを乗り越えたり不安定さを支えてもらうということが多々あって。

新しい広くて快適な部屋に越したのに疲れがとれない要因の一つは、いつも必ず流していた音楽がないからか?と、ヒーリング後にやっと気づきCDラジカセを慌てて買いに行きました。

いつも音楽を流すことでエネルギーを整えていたのですね。
中学時代は吹奏楽に打ち込みましたし、バレエやジャズダンスはなぜか音がないと踊れません苦笑ベリーダンスもやってみたかったのですが音楽が苦手なので断念してます。。

先の宇佐神社は古墳の方が神社より先で5世紀(400年頃、邪馬台国の後位)なので、レムリアの方が遥かに古いのですが、「遥かな時代から知っていた感覚を呼び戻す」のに今回必要な出来ごとだったのかなあと感じています。

また、共通のメッセージの啓示が衝撃だったため(これはreicoさんの文章表現が余りに素晴らしかったためでもあります!)、私のような人間に本当にそんなことが?そうなの?

すごく大変なことが書いてあるよ汗これからどうしたらいいの?
と受けとった直後は混乱もしたのですが、何度も読むうちに
「遥か昔、この啓示を受けとった時自分はどんな気持ちだったのかな」と思い始め、
似たようなシチュエーションならわかるのではないか?(アホでごめんなさい…)と丁度帰省中だったので行ってみたかった神戸最大のパワースポット「五色塚古墳」に「太陽が真横に輝く」夕刻前に登りました。

すると天を仰いでいたら、突然わかった!気がしたのです。

ああ、そうかそれが今なんだな、
最愛の父を亡くし悲しみは癒えず途方にくれていて家族を守らなきゃいけない、望んだ環境にたどり着いたけれどいつどうなるかわからないし、人間関係で理不尽にあたる人にいまだに苦しんでいる自分がいる。

そういうことも含めて、遥かなるレムリアよりやってきたメッセージなんだな、と今度は安心感と勇気が出てきました。

時々挫けそうになると読み返し、また宇佐神社で体験したことを思いだし、今年の、いえ一生の自分の糧、指針とすべく毎日をおくっています。

海図なき航海に出て、羅針盤をあたえられたような清々しい気持ちです。

reicoさん今年も重要なメッセージを伝えてヒーリングしてくださって本当にありがとうございます。

追伸
いただいた個別メッセージをヒントに、先日渋谷で「名曲喫茶」に初めて入ってみました。
魔窟みたいな所で荘厳を通り越しておっかないオペラが流れている!怖い((( ;゜Д゜)))ガクブルでしたが、だんだん居心地がよくなり気づいたら一時間経過…お店を出たら!なんか疲れが取れている。。

かかっていた楽曲を後で調べたら、
今回のヒーリングを象徴するようなタイトル、「千人の交響曲」(マーラー)でした!




| Posted in ご感想・体験談Comments Closed