夜の古代エジプト|スピリチュアルエッセイvol.3

Spiritual essays

実は私、海外旅行をしたことがありません(2006年時点の話で現在は渡航経験あり)
「今時ありえない!」と言う事で、もれなくみんな驚いてくれます。

そんな私でも、海外旅行の雰囲気を味わった体験があります。
高校生の頃、友人と2人、毎週のように米軍基地に通っていました。

私たちは幸運な事に、初めて行ったアメフト一般公開試合時に基地内に友人ができたため、開放日以外も遊びに行くことが出来ました。
日本の中にあるとはいえ、そこはまるでアメリカそのもの。
実際のアメリカさえ知らない私が言うのもなんなんですが‥私も友人も、いちいち感動していたのを思い出します。

日本のスケールとはまるで違う敷地内の広がり、青々とした芝生、絵になる消防車やパトカー、体育館でのバレーボール、レストランで食べた真っ赤なゼリー、 映画館で見た巨大なポップコーンカップ。

借りた自転車で派手に転び大笑いした瞬間!
何よりも、みんなとても優しく親切でした。

帰る直前、街灯に照らされた木々の美しさに、郷愁感さえ味わったほどです。

その頃を思い出すと
やはり実際に外国へ行くのと
透視で外国を見るのとでは大きな違いがあり
相当な感動があるのだろうと思います。

それでも
透視で様々な世界を見る事には格別な思いがあります(透視はどなたにでも可能です)。
セッション中は、人物や物語にフォーカスすることが殆どですが、時折その風景や空気感の素晴らしさに魅了されてしまうことがあります。

つい最近、クレアボヤント仲間の過去世を見ていた時です。
夜の古代エジプトが目の前に広がりました。

相手こそ違え、過去世を通して古代エジプト時代を見ることは何度かありましたが、夜という時間帯の古代エジプトを見るのは初めて。

恐らく透視の利点により
暗闇のはずの景色も鮮やかに認識できたのだと思いますが
その素晴らしく澄んだ空気とクリアな景色にすっかり目を奪われました!

嘘みたいにきれいな藍色の宇宙を背に
パワーをもって存在しているピラミッドが建ち並ぶ図は、まさに絶景。
写真やテレビで見ていた朽ちたプラミッドとは違ってエッジが際立ち、実に精巧な建造物なのだと驚きました。
まるで、コンピューターグラフィックで描いたような世界です。

現代には失われてしまったエネルギーがそこら中に満ちていて、地球外エネルギーとの繋がりも感じられました。

スター・ウォーズをはじめ、数々のSF映画が現代で根強く支持されるのも、至極当然なことのように感じられる、そんな情報をいくつも受け取る機会にもなり ました。
今回の古代エジプトに関わらず、歴史的な映像を透視リーディングで 見れるのは本当に面白いものです。

知っているようで知らない本当の地球の姿や、自分自身や仲間たちのことを、こうして断片を少しずつ拾い上げながら、優しく受け止めていきたいなと改めて思うばかりです。
reico

エッセイで取り上げてほしいテーマがございましたら、ぜひこちらの『reicoへメッセージ』よりお寄せください。
| Posted in essayComments Closed