その非力を嘆くこと勿れ(なかれ)|幸運の秘訣

REICO

昨日に引き続き、本日も合気道名言からはじめたいと思います。

今回シェアする誦句集(しょうくしゅう)の一部はこちら。

四、心身統一
心身は本来一如(いちにょ)である。
氷山の一角のみを我が力と思い、その非力を嘆くこと勿れ。
 
心身を統一し、天地に任せ切った時
人間本来の偉大なる力を発揮出来るのである。

一如とは
絶対的に同一である真実の姿、という意味の仏教用語である。 「一」は絶対唯一、「如」は真如・如同の意で、一異の差別なく平等であることをいう。世間における一切の事物・現象には実相があり、普遍的に不二同一であることをいう。平たく読めば「一つの如し」となる。 ウィキペディア

言葉の力

こちらの言葉は

家族全員で道場見学しに行った時に

ちょうど道場の子供達が唱和していたものです。

いやぁ、もうね、純粋にカッコ良いです。

+ + + +

昨日の座右の銘もそうですが

心が震える合気道「座右の銘」我が修行の眼目

普段使わないような古風な言い回しで

呪文のようですよね。

己の中に揺るぎない信念がないと放てない言葉というか。

大いなる自分へ

私たちが今感じている「これが私」という感覚も

氷山の一角でしかなくて

自分全体の、ほんの一部でしかない。

もっとある。

可能性しかない訳です。

「ない、ない」と足りない所ばかり見ていないで

既にあるもの
これから出来る事
出来るかもしれない事に目を向けていけば

気分がずっと良くなっていく。

そうしたら力みが取れて

自然と感謝が湧いてきて

宇宙に身を委ねていられる。

すると次第に

普段の自分以上の力を発揮していく。

それを奇跡と呼んでみたり

幸運と呼んでみたり

皆様のおかげと言ってみたりする…んでしょうね。

皆様にも無限の幸運を。