新時代の幕開け!宇宙人ネタ、投下しました

Reico

なぜ今?

エッセイの方には宇宙人とのことを一度書いている訳なのですが

それ以外ではほとんど書いていません。

なぜなら…

トンデモ系のマトモじゃない人と思われて

村八分にされたくなかったから。

(キャー)

…この表現だと語弊がありますよね。

そういう方達はそのままで良いのです。

どんどん突き抜けて行っていただきたい。

人の目が怖かった

ただ、「自分の場合は」ダメなんじゃないかって思えていた。

なのであまり深く聞かれるのも居心地が悪かったし

細かいことは書けていなかった。


まともで優秀な人たちから

「思い込みじゃない?どうせ嘘でしょ。」

「宇宙人?いる訳ないよ!証明できるの?」

こんな風に思われるんじゃないかって怖かった。

だって私はヘンテコな人たちも、まともな人たちも好きなのに

彼らから嫌われたり線を引かれたくなかったから。

それは私自身が自分のヘンテコな部分を受け入れ切れていなかったからの発想だった訳でして

なんかね、もうそういうの、どうでも良くなってきました(…多分)

自分に降参

だってもう、これが私なのだから。

ありのままの私がこういう存在だったのだからしょうがない。

今更まともな人ぶったって追いつく訳もない。

ヘンテコな人である事実に白旗をあげるしかなかった。

隠れるの飽きました

同時にね、隠れているのも飽きてきました。

そんなことしていたらあっという間に人生終わっちゃうなって。

死んだら「もっと全力で自分自身でいれば良かった」って絶対に思うだろうなぁって。

そういう訳で

UFOに乗った時のエピソードをエッセイの方にアップしました。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

新作:UFOで脳内クリーニング|スピリチュアルエッセイvol.9

こちら→は以前書いた宇宙人とのファーストコンタクトのお話