感情の向こう側に行くために|ルビーのパートで起きたこと

Reico
お待たせしました。
ニューイヤーズ・イブ遠隔ヒーリング2019-20がどのようなものだったのかのシェア記事2回目に参ります!

自分を味わうパート

– ルビー –

最初のパートであるグリーントルマリンからルビーのパートに切り替わった途端

柔らかい風圧がやってきて
一瞬体が浮くような感覚になりました。

と同時にその場に高揚感が広がりました。

みんなの頬に赤みが差し

「何か来る!♡」

ときめくような何かが来た。 
そんな気配を感じ取っていました。

廊下の向こうから好きな人が歩いて来る時に
でも気持ちがバレないよう笑顔を押し殺すような感じ。

そのまま外に表現しないからこそ余計にトキメキが内側で爆発。
押さえきれず結果ニヤニヤしてしまう。

そんな始まりでした。

何よりも皆さんがちゃんと石のエネルギーの違いに気付いていたのが凄かったです。こんなに場のエネルギーと共にご本人たちも様子が変わるんだなって。

今までで一番、歴然とした変化でした。
これはルビーの為せる技だろうと思います。

とにかくハートに、情熱に働きかける。
やっぱりルビーってすごい石だなって再確認しました。

緊張もやってきた

そしてトキメキの次にはすぐに緊張も出てきました。

さぁ、いよいよ本番!となり
鬼が出るか、蛇が出るかみたいな面持ちになりましたけど

覚悟が違いますからね
誰も怯んだりはしませんでした。

私達は何を体験したの?

それぞれ自分自身の感覚を味わいました。

これまで目を背けていた感情に注目しました。

適当に流していた感情
否定した感情
それを認めると苦しくなる感情
感じたいけど遠慮して蓋した感情

無かったこと扱いされてきた感情は
成仏させない限り決してなくなったりはしません。

全ての感情が宝石

これは一例ですが

誰もが
「我慢しなさい」
「早く謝りなさい」なんていう感じで

大人たちに言われてきたと思います。

我慢する理由に納得していないのに
まだ謝りたい気分になっていないのに。

こんなやりとりを一度でもしていると
自然発生した自分の感覚、感情を
粗雑に扱っても良いと思えるようになってしまいます。

場合によってはむしろ「悪である」と認定してしまい
自然な感情さえも押さえつけ
頭でコントロールできると思い込んでしまう。

本当は逆で
めちゃくちゃ大切なんです。
宝石のように大切に扱う必要があったんです。

どの感情もあなたが何者であるかを教えてくれる大切なものだったのです。

宝石と表現した意味
※宝石のように…とは、例えば怒りを保ち続けろという意味ではありません。
ちゃんとそれと向き合って、なぜ私はそんなに怒っているのか?を聞いてあげる価値があるよ、自分のことを無視しないでちゃんと知ってあげようねということをお伝えしたいからです。

宝石が道端に落ちていたら誰も無視しませんよね?そんな感じで素通りしてはいけない物なんだということです。

感情は道しるべ

感情は、今自分が何を信じているのかを教えてくれる有能なツールでもあります。

感情は正体ではなくて
感情は、そう感じさせた「正体」がいる場所へ連れて行ってくれる道しるべです。

なので今回ルビーに協力してもらった。

ルビーは私たちの中にある魂の歌を浮かび上がらせ
情熱の声を表現させてくれるパワーを持っているから。

まとめ

という感じでルビーのパートでは
人によってはヘビーだったかもしれないけれど
結果的には解放に必要な過程をしっかり踏んだ時間となりました。

後書き
ニューイヤーズ・イブ遠隔ヒーリング2019-20はここ数年大晦日から年明けにかけて行って来た遠隔クリスタルヒーリング&メッセージを配信するプログラムです。

今回はその時の様子をシェアする記事の2回目。次回もお楽しみに。
なかなか連続してお届けできなくて申し訳ありません!精進します。

1回目:節目の準備|グリーントルマリンのパートで起きたこと
2回目:感情の向こう側に行くために|ルビーのパートで起きたこと←今ココ
3回目:愛をアップデート|ピンクカルサイトのパートで起きたこと
4回目:希望を主食に生きていく|レインボークリスタルのパートで起きたこと