REICO labo - クレアボヤント視点で人生をデザインする、遊ぶ

自由に使えるお金を光熱費感覚にすると収入が増えます

| Reico |

自由に使えるお金(お小遣いなど)を増やしたい場合は

欲しい額を光熱費感覚にすると、その分のお金が確保されやすいのでオススメです。

宇宙はあなたの意識を全力で具現化するので

「これは当然必要」

「生活する上で絶対必要な額」

と明確にしておく。

実際の光熱費も、生きていく上での当たり前の経費(当然それに関しては罪悪感なし)という意識なのでちゃんと賄えている。

・生命維持の当然の確保額
・それを手に入れることに対して「でも…だって…」の理由を抱かない

という意識の向け方をしているので引き寄せられている訳です。

なので

その意識の法則を応用する。

光熱費感覚=当然確保枠システムを他にも流用する形です。

私は洋服代として月に○○万円使える自由がある♡だってこれ光熱費枠なので。
 
光熱費枠の一環で年6回の旅行代として○○円確保できちゃってる♡
 
光熱費枠の一部で貯金額が増えていくのを見るのが好きなので毎月○○円余分に手にしてる♡
 

割と多くの場合
月の収入の中で余った分をお小遣いや自由に使えるお金にしがちですが

前もってそこを確保する意識を持つ

金額も明確にする。

すると現実が変わってきます。

生活費が削られることなく、確保すると決めた額も入るようになってくるのです。

もちろんのこと「でも…だって…」は無用です。

そこはどうでも良いのです。

どうやってその確保枠分が入ってくるかは考えなくて良いのです。
 
私たちは決める。

後のことはジーニーに任せておけるかどうか

そこだけなのです。

お金って、自分が決めた分が入って来ていただけなんだ!
 
ウォーーターー(開眼!)

 
 
になりますから。

意識の遊びをお試しあれ。
 
 
 
ウォーター=聴力・視力・発声が自由に出来なかった奇跡の人ヘレン・ケラーさんが、目に見えないこの手に触れているものが(耳も聞こえないので説明されても分からなかった)水というもので、水という名前がついている物だったのか!と、点と点が繋がり開眼した瞬間の様子と、私たちが開眼して世界を見る目が変わる瞬間の意味として良く使っています♡
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヘレン・ケラー

.

コメントを残す(ご質問は専用フォームよりお願いします)





Comment