ナウシカのようなターコイズ|金色の野に立つ青き衣をまとう者

Reico

turquoise_

この石、聖なる指導者なり

今回、ターコイズをじっくりリーディングしたのですが

その人柄(石柄?)に心打たれてしまい、またもや涙涙。

そして、ターコイズを透視したのをまとめた原稿/パワーストーン辞典を書き終えた時に

「ターコイズって…
ナウシカに似てる!
というか、正にナウシカそのものじゃないか」

と思うに至りました。

風の谷のナウシカ

ナウシカのメーべのイメージPhoto by Matthew T Rader on Unsplash

ナウシカとは、もちろん宮崎駿監督作品の「風の谷のナウシカ」の主人公ナウシカのことです。

そのことに気がついたら尚更にターコイズという石に感動してしまいました。

と同時にターコイズがどんな石で
どんなエネルギーで出来ているのかを
分かりやすく簡単に説明するのに、これほど分かりやすいキャラクターはない!

みんなに伝えやすいぞと嬉しくなりました。

(心の中でガッツポーズ)

清浄な大地へ人々を導く石

ナウシカの風の谷一族の古い伝承にこんなものがあります。

「その者、青き衣をまといて金色の野に降り立つべし。
失われし大地との絆を結び
ついに人々を青き清浄の地に導かん…。」

この伝承で語られている人物、青き衣の者こそがターコイズそのものなのです。

物語の中ではナウシカでもある訳ですが
ターコイズもまた
そういう志をもった石であり
使命を担い、成し遂げるためのエネルギーがぎゅっと凝縮して結晶になったものなんです。

石はエネルギーの結晶物

つまりこの世界には
そういうエネルギーが存在していた。

元々あったってことなんですよね。

石とは、この地球の空間内にあるエネルギーを結晶化したものだから。

で、ターコイズは元々この星に存在していた。

だから、こういうナウシカや蒼き衣の者のような
仁愛の権化的な思いは
この星にずっと流れていた。

そして同じ志を持つ者が現れたら
心折れないよう助けてくれるのだろうと思います。

石は人のように純度を変えず
ずっと同じクオリティを保っている。

でも人は落ち込んだり、疲れたり、心破れたりして
蒼き衣の者のような志を保ち続けることが難しかったりする。

でもそのもののエネルギーが常に存在してくれたら
また刺激を受けて
立ち上がれる
初心にかえれる。

ジェイドとの共通点

また「ターコイズ」と「グリーンジェイド」にはどこか共通するところがあるなと、今回強く感じました。

(ラベンダージェイドも含めたジェイド=翡翠)

どちらの石も、人としてあるべき姿を鮮烈に体現しているんです。

私は初めてジェイドと出会った時に

「一生師として仰ぐべき石である!」と感じ
実際今でもジェイドから多くの事を学び、心の師としているところがあります。

一方ターコイズは「心の友」といった印象の方がやや強くなるのですが
それでもやはり、学ぶべきところがたくさんありました。

石との出会い

なんだかもう
こうして素晴らしい石とまためぐり会えた喜びに震えつつ

今日も一日ストーン・リーディングに勤しもうと思います。