映画「アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜」優しい号泣が襲う

Reico


アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ (吹替版)

幸せに生きる極意

最近見た映画の中でとても良かった映画
「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~」

めちゃめちゃ良かった、オススメです。

前半を観ている間は「過去にタイムトラベルが出来る青年の、愛らしい等身大ラブストーリー」なのかなと思って見ていたのですが

違った。
全然そんなものじゃなかった。

(いやそれでも素敵なんだけどね)

物語の後半に行くに従って
この映画の深みがじわじわを露呈していく感じでした。

これ、すごい
幸せに生きる極意だ!

と、トキメキました。

タイムトラベルの極意

この先はネタバレも含むかもしれないのでご注意を!

とにかく一番伝えたいこと。

主人公の青年ティムと同じ能力をもつお父さんが教えてくれるタイムトラベルの「最高の使い方」が素晴らしいのです。

タイムトラベル能力の恩恵…というか、そこで悟れることが大事で

だからタイムトラベルは出来なくても「タイムトラベルは何の為にあるのか!」
「タイムトラベルが出来たとして、その最高に幸せな使い方」に気が付けたなら
その恩恵の解釈の仕方に気付いていることこそが

この人生を幸せに生きる極意中の極意だなと思いました。

後悔しない為に

あの時をもう一度やり直せたら…
未来を先に知っていたら心配せずにいられるのに…

こんな風に思うことって人生で一度や二度あると思いますが

この映画を見終えたら
お父さんの教えを知ったら

「そんな必要はないんだよ
どの瞬間も完璧で、そのままが一番良いんだよ。
だから、ほら、ゆったり味わおう。」

と、言ってもらったような
そして、心底そんな風に思えると思います。

失敗も成功も
笑いあえたことも
ケンカしたことも
助けてもらえた時も
助けてあげられなかった時も
期待通りだった日も
そうでなかった日も

そのままでいい。
そのままこそが完璧。

何も判断せずに

すべての瞬間に愛を抱く。

今こそが、愛のすべてで
今が、「その時」なんだ。

前だけを見て歩いて行こう。

そんな風に思えると思います。

今この瞬間こそ

アバウトタイムの意味=「今がその時!」

したいことをするのも今こそが「その時」だし
素敵だなって感じたことを伝えるのも今が「その時」だし。

いつだって、今この瞬間、今こそが「その時」で。
そんな今の積み重ねが人生、自分の人生になって行くんですよね

お父さんのタイムトラベルの使い方はぜひ映画で確認してみてください。

人生観変わります。

オススメしたいと心から思った映画でした。

ラストを観て!

 

アバウトタイムの公式予告